原子・原子核・原子力――わたしが講義で伝えたかったこと

著者 : 山本義隆
  • 岩波書店 (2015年3月25日発売)
3.81
  • (4)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :126
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000053297

作品紹介

原子・原子核について基礎から学び、原子力について理解を深めるために、科学上の発見や研究の発展を歴史的にたどりながら、ていねいに解説する、物理学の入門書。福島原発の事故以来、後の世代にとてつもなく大きな負債をつくってしまった我々に何ができるか、問い続けてきた著者が、2013年に駿台予備学校千葉校で行なった記念講演(開校20周年、ボーア原子模型100周年)に基づくもので、やさしい語り口で記される。

原子・原子核・原子力――わたしが講義で伝えたかったことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 基本であるところの原子とは何か?とかいう話を、物理学の基本から説明する。e=mc^2の証明がさらっと出てきたりする。数式の変形はほぼ微分くらいまで。それでぐいぐいとほらこういうことですよねとすすむ。その中で、エレクトリックってそもそも琥珀って意味ですよとかいう教養が出てきたりする。こんな授業が30−40名の前で実現していて、それを書き起こす人たちがいて、本にする人たちがいるわけ。実は、磁力の発見だかなんだかっていうこのひとの本は途中で脱落した気がするんだけど、この本は非常に読み進める敷居が低かった。物理の歴史なのに!で最終的には、原子力についての話になるんだけど、読み進めていくうちに、その桁違いのエネルギーの意味がわかってくる。すべての理系の人が読むべき本。文系でもいけるかも。

  • 429||Ya

  • この本は「物理学の入門書」とカバーの解説にある。確かに原子・原子核の基礎から、科学上の発見や研究の発展をたどり、原子力についての理解を深めるために、とても平易な語り口で解説されている。残念ながら、理数系を苦手とする私には、頻出する数式や記号、グラフなどは全く理解できないが、古代ギリシャから福島原発の事故に至るまでの物理学と化学の歴史の流れは、とても興味深いものがある。
    そうした数々の学者たちのエピソードもさることながら、原子炉と原発は何ら変わるものではないこと、そして、そもそも原子炉は原爆の材料を作るために作られたものであること、原爆は、とにかくナチス・ドイツに先に作られてはならないという大命題からスタートしており、経済性や放射能の人命に対する影響・安全性などを度外視した突貫工事で進められた計画であること、などが語られる。放射能汚染についても、基準値以下の低レベルにするために大量の水で薄められて海に放出しているので、けっして量が少ないというわけではないこと、また基準値なるものも、原発を稼働するための必要性から割り出されたもので、それ以上の合理的根拠のあるものではない、といったことも書かれている。
    副題にある“講義”とは、筆者の勤めている駿台予備校の千葉校が開校20周年を迎えた記念に行われた特別講演のことで、この時の内容に加筆して全7章構成にまとめられている。

  • 思いのほか数式が多かったが、細かい部分は気にせずに流れを押さえていけば十分に理解できた。
    物理史を通読しながら、随所にキラキラと至言が。例えば、アインシュタインの有名な数式を核反応と結び付けて理解していたが、とんでもない勘違いであったとは。
    あの山本氏が駿台の講師をやられていたとは、今更ながら知った。
    講義録ではあるが、著者、渾身の一冊との意を強く持った。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:429||Y
    資料ID:51500274

    原子・原子核に関する知識は、放射線に関して学ぶために必須です。
    この本は、高校生や受験生、大学入学が決まった学生に対して、特別講演として駿台予備校で行われたものがもとになっており、わかりやすい文章で書かれています。
    (生体分子分析学研究室 山岸伸行先生推薦)

  • 基本は力学から始まって数式も交えつつ科学史を辿ってくスタイル。さすが超優秀な駿台物理講師だけあって,科学史部分は過不足なく本当に秀逸。
    本のテーマでもあるので,仕方ないのだが,反権力な記述も序盤からちらほら見える。 ベクレル家が四代続けてパリの自然史博物館教授だったことに触れ「現代の世界を見渡しますと,東アジアの一角では…二代目だとか三代目だとかが権力の座に収まっています」pp.72-73 とか。
    しかし予想を上回っていたのは,まず肥田舜太郎・鎌仲ひとみ『内部被曝の脅威』を引いて,ヘルツが「原爆ぶらぶら病」と同じ経緯で衰弱・死亡したと示唆する記述が出てくる箇所。 もうちょっと理性的な人だと思ったのにちょっと失望を禁じ得ない。 pp.86-87
    その本には安井至先生による痛烈な批判がある↓
    内部被曝 肥田舜太郎 市民のための環境学ガイド http://t.co/51cWEdAl7q
    山本義隆氏も是非この文章を読んでもらいたい。もと東大全共闘議長とはいえ,あれほど物理を深く理解している人ならもっと冷静に考えられるはず。
    そして最後の章,原爆と原発を語る部分は,デメリットと恐怖を強調しすぎているきらいが。 特に極めつけは,自論の補強のため安冨歩の著書の一部を好意的に引用してるとこ。あれほど壊滅的な駄目本を…
    読んでない人多いだろうし,それで大正解なんですが,本当に支離滅裂な内容で。 あの,受験生時代ほとんど崇拝していた山本先生がこんなのを評価するとは超絶残念…。 『原発危機と「東大話法」―傍観者の論理・欺瞞の言語―』のレビュー http://t.co/UqrfmpM0lF
    物理に関してはあれほど誠実にあれほど理知的な文章を書く先生が,あの本の駄目さに気づかないわけがない。 結局,そこには目をつぶり,便利な部分だけを引用したということ…?しかもこれって「東大教授」という「権威」をちらつかせる引用では?それって山本先生が最もやってはいけないことでは…?
    とはいえ,前半の質は高いし,反原発の主張もあからさまにおかしくはないオーソドックスなもので,引用する文献に偏りがあるという程度。一般的に見れば良本とはいえると思う。

  • 2015年6月新着

  • 請求記号 429/Y 31

全9件中 1 - 9件を表示

山本義隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
山本 義隆
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

原子・原子核・原子力――わたしが講義で伝えたかったことを本棚に登録しているひと

ツイートする