情報処理概論―予測とシミュレーション

著者 : 篠本滋
  • 岩波書店 (2002年12月18日発売)
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000054508

作品紹介

複雑な現象のなかに潜む法則や原理を発見することは、科学の重要な目的である。そのために、実験ないし観測データを確率変数としてとらえ、そこに何らかの法則性を予測して、数値シミュレーションにより検証するという方法が広く使われている。物理をはじめ、こうしたデータ解析を必要とする学生のための最適な入門テキスト。

情報処理概論―予測とシミュレーションの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【推薦文】
    ビッグデータが流行して久しいが、この本はデータを扱う上での前提となるような知識を学部生向けに提示している。内容としては、確率・統計や乱数について前半で述べ、後半では学習理論やニューラルネットワークについて書かれている。さらには、具体的な計算機への実装についても触れられており、実際に統計処理をやってみたい人に対しての入門書となっている。
    (推薦者:知能システム科学専攻 M2)

    【配架場所】
    大岡山: B1F-一般図書 007.6/Si
    すずかけ台: 3F-一般図書 007.6/Si

全1件中 1 - 1件を表示

篠本滋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

情報処理概論―予測とシミュレーションはこんな本です

情報処理概論―予測とシミュレーションを本棚に登録しているひと

ツイートする