ダーウィン的方法―運動からアフォーダンスへ

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (2)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000056489

作品紹介・あらすじ

進化論で知られるダーウィンは、最晩年にミミズの行動を仔細に観察して、その知性の有様を導こうとした-ダーウィン的方法とは、当然視され十分に吟味されてこなかったことがらに周到な観察で迫ること。従来の心理学は、行為と環境を分断させてきた。「意図」は前もって動物の中に用意されている自明のものであった。しかし、生態心理学の枠組みは、環境にアプローチする行為の複雑さをそのまま引き受け、「意図」の本質を捉えようとする。行為と行為から描かれる世界は、発見され続けている。平易に説かれたアフォーダンスへの道程とその未来像。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 総集編やんか、、、

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

多摩美術大学美術学部教授、東京大学名誉教授

「2018年 『身体とアフォーダンス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐々木正人の作品

ツイートする