微分形式の幾何学

著者 : 森田茂之
  • 岩波書店 (2005年3月4日発売)
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 24人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (348ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000058735

作品紹介

微分形式とは、現代数学において重要な役割を果たしている多様体の、さまざまな幾何学的構造を表現し、それらの積分によって大局的な不変量を導き出すものである。さらに、多様体上の偏微分方程式系の具体的記述を与える役割ももつ。微分形式を定義し、de Rhamの定理やRiemann多様体上の微分形式について、理論的な美しさよりも幾何学的な意味に主眼をおいて解説する。後半では現代幾何学の最高到達点である特性類の理論を扱う。岩波講座「現代数学の基礎」からの単行本化。

微分形式の幾何学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これも優れた現代幾何学の入門書。現代幾何学を学ぶ上において、この書を超える和書はないと思う。多様体の定義から始まり、ドラムの定理、ベクトル束、特性類、ファイバー束とつながっていく。いずれも極めて重要な事項で、現代幾何学を研究する上では必須の概念である。これらの概念を一貫した論理展開で説明し、その上理解しやすい記述なので、幾何学を志す人は手に取ってみてみる価値がある。

全1件中 1 - 1件を表示

森田茂之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松坂 和夫
砂川 重信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする