光るキノコと夜の森

制作 : 大場 裕一  西野 嘉憲 
  • 岩波書店 (2013年7月4日発売)
3.64
  • (2)
  • (7)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • 61人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000058834

作品紹介

幻想的な写真で見る、日本の森のミステリー。いろいろな発光生物、発光キノコは食べられる?、世界の発光キノコ、八丈島とコーナー博士、光るキノコ伝説、発光キノコの光、発光色、ボイルとファーブル、南方熊楠と発光キノコ、なぜ光るのか?、光るしくみの謎。付録・日本の発光キノコ図鑑、見に行こう!探そう!撮ってみよう!

光るキノコと夜の森の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キノコは音が聞こえてきそう。ほわっと灯りがともる音。ぽっぽっぽっと、空一面に胞子を飛ばす音。もし夜中に森で迷い、こんな発光キノコに出会ったら…嬉しいかしら、それとも怖いかしら。

  • 緑色に光る、幻想的な発光キノコの写真にひかれて、図書館で借りてみた。写真だけでなくコラムもあり、まったく知らなかった発光キノコの雑学が得られた。

    意外なことに、発光キノコの調査・研究はまだ途上にあるらしい。発光のメカニズムや、何のために光っているのかなど明確になっていない。それに、今も新たな種が報告されており、まだまだ未発見の種があるとされている。本書で紹介されているキノコも、まだ未同定のために標準和名ではない仮称で掲載されているものがある。

    専門家の間では、日本は発光生物の宝庫とされているという。発光キノコを見るなら、伊豆諸島の八丈島が良いと紹介されている。一眼レフのカメラを持って、見にいってもいいかもしれない。

    小さい頃に、祖父がホタルがいたと捕まえて持って帰ってきてくれたことがある。発光生物を直接自分の目で見たのは、たぶん後にも先にもその時だけだと思う。たった1匹だけだったが、はっきりとした黄色っぽい光が見えて、不思議な思いがしたのを覚えている。翌日には死んでしまっていたが。『火垂るの墓』の話は本当だった・・・。

  • 夜,天,星,月.ツキヨタケ,ホシノヒカリタケ,ギンガタケ,シイノトモシビタケ.あちこちまばらに生えているキノコの光を結んで星座を描き,すきまなく生えているものには星雲を重ね,月のない晩には月の代わりにしたのでしょうか.どれも詩情あふれる名前です.
    大きさは小さいもので直径2mm,大きいもので30cm!闇が深まるほどキノコの光は引き立てられて,朽ち木も枯れ枝も落ち葉も華麗にドレスアップ.昼間とは別世界の夜の森.ここに入ったら朝まで時間を忘れて過ごしてしまいそう.
    キノコとホタルの共演写真に心躍りました.
    《2014.08.21》

  • 2015年5月新着

  •  日本で確認されている発光キノコは10種類を超え、今も続々と新たな種類が報告されているという。けれども、なぜ、どうやって光るのかなどのメカニズムはほぼ不明で、彼らは「謎だらけの生き物なのだ」。
     本書は、石垣島に住み、島と深い関わりを持つカメラマンが、父島(小笠原諸島)や石垣島(八重山諸島)などで撮りためた、「漆黒の森に灯る仄かな光のおびただしさ」を集めた写真集だ。この世のものとは思えないミステリアスな美しさは文字では伝えようがないが、蛍光ペンで立体的に色を塗ったとしか思えないキノコたちのファンタジックぶりは、そのふところにかぐや姫を隠し抱くと信じさせるに十分な、幻想性と物語性を兼ね備えている。

  • 【選書者コメント】光るキノコの幻想的な写真とエッセイにひかれました。
    [請求記号]4700:55

  • 【配置場所】工大選書フェア【請求記号】474.85||N【資料ID】91132409

  • ものすごい光っててもはやリアリティない、見てみたい!

  • 日本に、光るキノコが自生しているとは知りませんでした。
    きれいですよ、ホント。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784000058834

全13件中 1 - 10件を表示
ツイートする