ヒラノ教授の線形計画法物語

著者 :
  • 岩波書店
3.65
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000058841

作品紹介・あらすじ

数理工学の精髄とも言える線形計画法。その大御所のもとに要領と打算だけで飛び込んだヒラノ青年を待ち受けていたものは?著者の実体験にもとづき線形計画法の開発にまつわる人物エピソードやその数学アイデアの勘所をみごとに紹介。数学も研究史もわかるユーモアと哀愁あふれる物語。恩師や同僚たちへの敬愛の念が伝わってくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 裏話的なことが分かった。

  • 2017/7/2 また借りてしまった

    世界の技術を支配する ベル研究所の興亡

  • 線形計画法の歴史について詳しく書いてあります。現在は最適化の時代であり、様々な問題の最適化問題が解かれている。

    最適化に興味がある人にはオススメです。

  • 2015/03/18読了
    Twitterでyk_ga先生がヒラノ教授の本を勧めてるのを見て購入。

    簡単な数学と、言葉だけで表現されて何言ってるか分からない部分とのギャップが大きかったかな。
    こういう、工学的数学は四学期に少し触った程度か。

  • 作者の研究人生に基づき線形計画法の誕生から発展、応用などを解説している。
    物語調な書き口の中に、専門的な内容を前置きした上で扱っているので、とても読みやすい。

    理解できているかはともかく、最近数学史に興味がある自分としては、とても良いテーマの本でした。

  • 回顧録。

全7件中 1 - 7件を表示

今野浩の作品

ツイートする