ペンギンは歴史にもクチバシをはさむ

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000059770

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強になりました。

  • *ペンギンと人間との関わりやペンギンの持つイメージの変遷を、主に書物に登場するペンギンからたどった本。

    *(引用されてる文献の中で)あまりにも大量のペンギンが撲殺・釜ゆでされ続けるので、ペンギン好きとしてはちょっと読み進めるのがつらかった。この本1冊でいったい何百万羽のペンギンが殺されたことか…。食べるためならしょうがないけど、アザラシ茹でるための燃料用に殺されてしまうなんて。

    *数多く収録されてる図版を眺めるのは楽しい。私のお気に入りはペルー・チャンカイ文化の土器(埼玉の遠山記念館とリマの天野博物館にあるそうです)。シンプルで、ユーモラスで、レプリカ欲しいなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

上田一生の作品

ツイートする