理工系のための特許・技術移転入門

制作 : 渡部 俊也 
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000061438

作品紹介・あらすじ

「これからの時代は特許が大事だ」とよく聞く。勉強したい。でも、特許の本というと難しい法律書ばかり。理系の自分でも読める本はないのだろうか?本書がまさにその本です。経験豊かな著者たちが、理工系向けの入門書として書きました。研究成果を特許にして役立てたい学部生、大学院生、研究者には、必読のテキストです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2008/07/31】
     特許とどうつきあうべきかが書いてある。
     アメリカでは80年代から特許が莫大な収入を組織にもたらすようになった。そのため特許管理が進んでいる。日本では90年代に特許に関する法整備がなされたがまだまだ普及段階だ。

    主要なメッセージは以下の点。
     ・技術者は学会発表と特許出願のどちらを優先すれば良いのか。
     ・特許をどのように出願、運用すればよいのか。
     ・特許は誰が持ち、誰が事業家するべきなのか。
     ・特許は必ずしも独占を意味するわけではない。

     日本での特許利用の実態はあまり詳しく載っていないが、現在専門的な機関としては企業内の特許管理部や大学内OTLがあるという。特許が活用された有名例として青色発光ダイオードやコーエン・ボイヤー特許、MPEG-2が挙げられている。

全1件中 1 - 1件を表示

理工系のための特許・技術移転入門はこんな本です

理工系のための特許・技術移転入門を本棚に登録しているひと

ツイートする