二重らせん第三の男

制作 : 長野 敬  丸山 敬 
  • 岩波書店
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000063005

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直言って、若干退屈だった。

    ウィルキンズの生涯の中で溜まっていた思いをこの本に吐き出した形だ。

    ジェームス・ワトソンの「二重らせん」という本によって、いろいろなことを言われてきただろうし、ワトソンとクリックばかりが脚光を浴び、面白くない部分もあっただろう。とくに、フランクリンの件は、納得できない思いが強かったのだろう。本の半分ぐらいは、その弁解に費やされている感じがする。

    遺伝学というのは、近年もっとも注目された分野であり、富も名声も手に入れるという点で、もっとも恵まれた分野のひとつであったのではないかと思う。

    しかし、その華やかさの裏側には、どろどろと利権がうずまき、純粋な科学への探求だけからくるものではない苦しみを生み出した。

    ウィルキンスもそんな中に生きた一人である。同じ舞台に立っていても、訳者の立ち位置によって物事は大きく変わる。そんなことがわかる上では、おもしろかったし、読む意義のある本だったように思う。

  • 第1章 遠い海岸線
    第2章 研究の足場を求めて
    第3章 大戦のただなかで
    第4章 ランダルの一座(サーカス)
    第5章 遺伝子の結晶
    第6章 「顕微鏡の研究に戻りなさい!」
    第7章 DNAの秘密の隠しかた
    第8章 二重らせん
    第9章 二重らせんと共に
    第10章 幅広い視野

  • 買い切りです

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする