ビジュアル 数学全史――人類誕生前から多次元宇宙まで

制作 : 根上 生也  水原 文 
  • 岩波書店
4.00
  • (5)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000063272

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 原題は"The MαTH βOOK"。
    年代順に、数学の重要なトピックを1ページに1つずつ紹介していく。
    もちろん、「すべて」を網羅できるわけではないので、タイトルの「全史」にはいささか大仰な感じも受けるが、「数学」の広がりを感じさせるには十分である。さながら、数学百科事典である。
    「ビジュアル」と冠されているのは、各トピックを象徴する図版や写真が1つ以上ついているため。数式は必要最低限。1トピック1ページで概念を説明するというのは、なかなかの力業だと思うのだが、専門家でなくてもイメージがわくように噛み砕いて説明されている。そのため、門外漢でも読める。但し、骨はある。唸りながらも目眩く数学パラダイスに呑み込まれる。

    トピックは、「ゼロ」、「虚数」、「ピタゴラスの定理」といったよく知られたものから、「四色問題」、「騎士巡回問題」、「鳩の巣原理」といったパズル的なもの、「情報理論」、「フラクタル」、「カタストロフィー理論」など複雑な系に関するトピックまで幅広い。
    ユークリッドやニュートン、フィボナッチやフェルマー、オイラーにガウス、「ブルバキ」、フォン・ノイマン。数学上の偉人も数多く出てくる。
    おもしろいところでは、数学者が犯罪捜査に協力するテレビドラマ(「NUMB3RS」)などというのも紹介されている。
    数学がこれまで取り組んできたもの、すでに解決された問題、予測はされているが証明はされていないもの。
    広く、深く、現在・過去・未来を俯瞰している。

    本書は数学ゲームで知られるマーティン・ガードナーに捧げられている(もちろん、本書にはガードナーの項もある)。数学の奥深さ、おもしろさをわかりやすく伝えるという意味では、なるほど、ガードナーの精神を継ぐものなのかもしれない。

    (ああ、数学のできる人になりたいなぁ・・・)

  • 騎士巡回問題に関する話が好きです。

  • うむ。難しすぎたww。ある程度の知識は必要か。頑張っておけばよかったな。。。

  • 請求記号 410.2/P 52

  • 誰がなんと言おうと、こういう本、好き。

  • クリフォード・ピックオーバーのビジュアル数学全史を読んでいます。
    普通の読み物ではないですが、友人が翻訳をしているので買ってみました。

    数学に関連するトピックが1項目1ページで綺麗な図付きで解説されています。
    昔から数学の読み物は好きなので、ちょっと時間がある時にぱらぱらとめくって開いたトピックを読むというのも楽しいものです。

全9件中 1 - 9件を表示

クリフォード・ピックオーバーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
ジャレド・ダイア...
エラ・フランシス...
スティーヴン ワ...
マーカス デュ・...
佐藤 正午
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

ビジュアル 数学全史――人類誕生前から多次元宇宙までを本棚に登録しているひと

ツイートする