ロボットにかける夢―知と身体の調和をめざして (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (134ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000065726

作品紹介・あらすじ

かつての産業ロボットに替わって、むしろゲームプレイするロボットやペットとしてのロボットがいま注目されている。人間や動物とほとんど同じしぐさをするロボットにわれわれはなぜ感動するのか。もともと人とは対立物であった機械に、このような感情移入をするのはなぜなのか。また、将来の医療や介護に役立つ未来のロボットをつくる上で、何がもっとも重要になるのか。長年システム制御の研究に携わり、内外の研究をリードしてきた著者が、このようなロボットの問題の背景にある技術とそれを支える哲学との関係について、思いを語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ロボット工学の第一人者である著者が、現在のロボット工学が取り組んでいる問題の地平について解説している入門書です。

    著者は、「哲学の目標を人間の理解とするなら、ロボティクスこそが哲学となり得る」と語っており、ロボット工学の観点から人間の知性や身体にアプローチするためのさまざまな切り口が示されています。具体的には、ドレイファスとサールのAI批判の検討や、チューリング・マシンの初歩的な説明にもとづく人間と機械の思考にかんする問題提起、さらに人間が指で物をつまむ動作をロボットによって実現するための方法を説明することで、人間の身体的な知の解明に向けての研究の方向性などのテーマがとりあげられています。

    テーマが多岐にわたっていることもあって、一つひとつの問題について概観を得るための十分な説明がなされているとはいいがたいように感じましたが、ともあれロボット工学でどのようなことが問題になっているのかということを、おおまかに把握することのできる内容になっていると思います。

  • 勉強になりました。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

前東大

「2002年 『新版 ロボットの力学と制御』 で使われていた紹介文から引用しています。」

有本卓の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×