脳の中身が見えてきた (岩波 科学ライブラリー)

  • 岩波書店
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (108ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000065993

作品紹介・あらすじ

記憶や学習をはじめとした脳の働きが、遺伝子の言葉で語れるようになってきました。人は物事をどのように学び、どう利用していくのでしょうか。こうした活動に関係する物質が明らかにされつつあります。それらが、脳の回路網や、その制御の仕組みとどう関係しているのか。当代を代表する三人の脳科学者が、やさしく語ります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強になりました。

  • 脳科学と一言でいっても、脳に対するアプローチは「解剖学」「生物学」「数理科学」、、、本当に様々であることを知った。そしてそれらの融合(「理論」と「実験」の融合)したところに真の脳科学があるのだろう。学問融合の大切さを知った。
    これからの脳科学がとても楽しみである。
    特に自身が興味を持っているのはやはり「数理科学」的アプローチだなと感じた。やっぱりモデルができて、実際にそれを応用できるのってスバラシイ!!!
    本自体は結構専門的な内容のことが書かれていた。
    しかし、素人にもかなりわかりやすい様に書いてあったのでありがたい。

  • 単純に、ムチャクチャ面白い。
    ただ、岩波科学ライブラリーの書籍は比較的専門性が高いにもかかわらず、参考図書や論文のリストが全く付記されていない。
    すごく不親切。

  • 脳の働きの研究がずいぶん進んでいる。人の心はさてどこまでが電気反応なのか。20070222

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1936年東京生まれ。東京大学工学部卒業、同大大学院数物系研究科博士課程修了。工学博士。東京大学教授、パリ大学客員教授、ルーバン大学特任教授などを経て、2003年より理化学研究所脳科学総合研究センター長。現在は、同センター特別顧問。東京大学名誉教授。神経回路網の数理的研究において数々の業績を上げ、IEEE Neural Networksパイオニア賞(1992年)など受賞も多数。国際神経回路学会創設理事、同学会会長も務める。2012年には、文化功労者に選出される。著書に『情報理論』(筑摩書房)、『バイオコンピュータ』(岩波書店/一九八七年 講談社科学出版賞受賞)など。

「2016年 『脳・心・人工知能 数理で脳を解き明かす』 で使われていた紹介文から引用しています。」

甘利俊一の作品

ツイートする