チョウはなぜ飛ぶか 新版 (高校生に贈る生物学 3)

著者 :
  • 岩波書店
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000066334

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ▼福島大学附属図書館の貸出状況
    https://www.lib.fukushima-u.ac.jp/opac/opac_link/bibid/TB00074102

    (推薦者:共生システム理工学類 小山 純生先生)

  • 読書録「チョウはなぜ飛ぶか[新版]」4

    著者 日高敏隆
    出版 岩波書店

    P92より引用
    “研究を進めてゆけば、次々にいろいろな疑
    問がでてくるにきまっている。それをいちい
    ち厳密に深追いしていったら、いつのまにか
    本筋を見失って、そもそも何を研究しようと
    していたのかがわからなくなってしまう。”

    目次から抜粋引用
    “チョウの飛ぶ道
     オスとメス
     色とにおいの意味”

     動物行動学者である著者による、チョウの
    生態についての研究をまとめた一冊。
     小学生の時に著者が抱いた疑問についてか
    らアゲハチョウの食草の見分け方まで、穏や
    かな文章で記されています。

     上記の引用は、アゲハチョウが何で見分け
    て同種のメスに近づくかの実験での一文。
    後から出た疑問はひとまず放っておくくらい、
    ゆとりを持つことも研究には大切だとのこと
    です。丁寧に完璧を目指すのは大切なので
    しょうが、そのせいで前に進めなくなってし
    まっては仕方が無いのですね。
     初版は1975年とのことですが、優しい語り
    口はこの頃からお変わり無いようです。若か
    りし著者であろう写真が新鮮です。

    ーーーーー

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

総合地球環境学研究所 所長

「2007年 『アフリカ昆虫学への招待』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日高敏隆の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×