群の発見 (数学、この大きな流れ)

著者 : 原田耕一郎
  • 岩波書店 (2001年11月21日発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000067911

作品紹介

数学のあらゆる分野で欠かせない「群」。しかし、なぜ、「群」の考えが必要なのか。それはいつ頃どのように誕生したのか。ラグランジュ、アーベル、ガロアの足跡をたどりながら、対称性の美や方程式の可解条件が「群論」にまで昇華していく過程をていねいに物語る。

群の発見 (数学、この大きな流れ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 群を分かりやすく導入しようとした入門書・読みもの。
    数理学科の学部2、3年生向けです。

    理数理 ハラタ||3||2||10199 11457832

  • この本が面白い!と言えるぐらいにならないといけないのでしょう。

  • 411.6/H32 R

全3件中 1 - 3件を表示

群の発見 (数学、この大きな流れ)のその他の作品

群の発見【数学,この大きな流れ】 (岩波オンデマンドブックス) オンデマンド (ペーパーバック) 群の発見【数学,この大きな流れ】 (岩波オンデマンドブックス) 原田耕一郎

原田耕一郎の作品

群の発見 (数学、この大きな流れ)はこんな本です

ツイートする