岩波講座 言語の科学〈2〉音声

  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000069021

作品紹介・あらすじ

言語の研究は文字言語に傾きがちであるが、最近では話し言葉の研究が重視され、コンピュータによる応用もめざましい。本書では音声の産出から認識までのプロセス全体を、生物学的基礎から音声学、音韻論、そしてコンピュータによる応用まで重層的にとらえる。また最適性理論など、音声の理論的研究の最新の成果を紹介する。

著者プロフィール

田窪行則(たくぼ ゆきのり)
京都大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得退学(1980年)。博士(文学)。現在、国立国語研究所所長。著書に『琉球列島の言語と文化―その記録と継承―』(編著、くろしお出版、2013)、『日本語の構造―推論と知識管理―』(くろしお出版、2010)、『基礎日本語文法 改訂版』(共著、くろしお出版、1992)などがある。

「2020年 『データに基づく日本語のモダリティ研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田窪行則の作品

岩波講座 言語の科学〈2〉音声を本棚に登録しているひと

ツイートする
×