行動・生態の進化 (シリーズ進化学 (6))

  • 岩波書店 (2006年6月28日発売)
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 18人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000069267

行動・生態の進化 (シリーズ進化学 (6))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ進化学 第6巻 行動・生態の進化学 2章、血縁淘汰・包括適応度と社会性の進化が秀逸。特に血縁度の正確な計算の仕方は他の本にはほとんど載っていないかと。長谷川寿一先生の結びの章も行動生態学の流れを知れる基本文献を時代順にわかりやすくまとめてくれている。専門に勉強してみようかなと思っている人が2冊目ぐらいに読むといいかも。

  • 進化生態学のすばらしい教科書。最新の知見が日本語で読めるのはありがたい。進化生態学を志すものは必読か。ドーキンス「利己的な遺伝子」、酒井他「生き物の進化ゲーム」、伊藤「動物の社会」などを読んだあと、もう少し深く学ぶのによいと思う。特に、2章の血縁淘汰についての詳しい解説、4章のコミュニケーションの進化などは、日本語で読めるものが少ないので貴重。

全2件中 1 - 2件を表示

長谷川真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リチャード・ドー...
リチャード・ドー...
レイチェル・L....
粕谷 英一
長谷川 寿一
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

行動・生態の進化 (シリーズ進化学 (6))はこんな本です

ツイートする