進化学の方法と歴史 (シリーズ 進化学 (7))

  • 15人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 石川 統  斎藤 成也  佐藤 矩行 
  • 岩波書店 (2005年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000069274

作品紹介

進化という歴史性をもつ現象の研究が、科学としてどのように成立してきたのか。それはどのような手法で研究されるのか。生物進化の考え方が出てきた背景と歴史的な流れを振り返り、進化総合説以降の発展を跡づける。そして表現型の進化と分子進化との関係や、条件によってどのような進化が生じるかを研究室内で検証する実験進化学、自然淘汰が適応を生みだすメカニズムを数理モデルによって解明する手法など、最新の研究方法を紹介する。

進化学の方法と歴史 (シリーズ 進化学 (7))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 進化学の歩んできた歴史と、その技法、更に社会との関わりについて。<br>歴史では特に日本に進化生物学が入ってきたところがおもしろい。技法では実験、数理、分子進化だけしか扱われないのが…

全1件中 1 - 1件を表示

長谷川眞理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 寿一
スティーヴン・ジ...
リチャード フォ...
有効な右矢印 無効な右矢印

進化学の方法と歴史 (シリーズ 進化学 (7))はこんな本です

ツイートする