調査観察データの統計科学―因果推論・選択バイアス・データ融合 (シリーズ確率と情報の科学)

著者 : 星野崇宏
  • 岩波書店 (2009年7月29日発売)
4.22
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :112
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000069724

作品紹介

情報化社会の進展とともに大量のデータが得られるようになり、また社会科学でも実証志向の高まりから調査研究が盛んに行われている。しかし、「因果推論」を行なう際のデータの偏りや「選択バイアス」を無視してしまうと、いくら大量のデータがあっても真実とは逆の結論が導かれることすらある。本書では豊富な具体例とともに、「共変量情報の積極的な利用」「欠測データモデル」「セミパラメトリック推定」という3つの武器を用いて、偏りのあるデータから正しい推論を行なう方法論を示す。関連して、インターネット調査の偏りの補正や「データ融合」についても詳しく説明する。

調査観察データの統計科学―因果推論・選択バイアス・データ融合 (シリーズ確率と情報の科学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本書は、統計的因果推論と欠損データを扱った統計解析について主に論じられている。自分自身、統計的因果推論に関する本は何冊か目を通したことがあるが、これほどまでに明快に、しかも網羅的に解説されている本は見たことがない。欠損データの統計解析についても、明快かつ網羅的に書かれており、理解が深まった。また、本書は様々な概念に対し、なるべく多くの実証事例を提供しており、イメージがよりつきやすく、そういった点もとても評価できる。本書で使用されている数学はそれなりに高度なので覚悟が必要だが、総じてとても素晴らしい内容となっており、血肉にするために何度も読む価値がある本だと言える

  • ひたすら、統計解析における欠測の話。例えば、処置群と対照群のデータにはない欠測データ(因果推論)や、アンケートにおけるそもそも回答していない群のデータ(選択バイアス)、複数の変数群を組み合わせるときに発生する母数群の違い(データ融合)を、欠測の観測という同じ枠組みを使って考えていく、という流れ。
    傾向スコアや共変量調整といった手法を用いながら、理論→具体例という流れがとても分かり易い。理論の細かい証明や式展開は省略されている。具体例は社会科学ネタが多め。
    第6章のインターネットアンケート分析では、共変量調整を具体的にどう行ったのかが書かれていてよかった。

全2件中 1 - 2件を表示

星野崇宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
イアン・エアーズ
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

調査観察データの統計科学―因果推論・選択バイアス・データ融合 (シリーズ確率と情報の科学)はこんな本です

調査観察データの統計科学―因果推論・選択バイアス・データ融合 (シリーズ確率と情報の科学)を本棚に登録しているひと

ツイートする