笑い (ワイド版 岩波文庫)

  • 24人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 林 達夫 
  • 岩波書店 (2003年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000070133

笑い (ワイド版 岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 喜劇に関する教養の深さによって評価が分かれるであろう本。
    自分には全く無かったのでこれから深めてからもう一度読むことにする。

  • 渋谷の古本屋で『思想のドラマトゥルギー』のすぐそばにこれも並んでいたので、きっと同じ人が売ったんだろうなと想像しながら両方とも買ってきて、こちらは薄い本なのでまあさらっと読み流そうと思っていたのだがとんでもなかった。海図なき航海の新たな魅力的な寄港地を見出してしまった。これがベルクソンとの出会いになるのかな。
    モリエール喜劇に沿って解析される社会における「笑い」の効用(こわばりの解放)と悪意(矯正)。これが主題だが、訳者が「ベルクソニズムの宣伝用パンフレット」と言う通り、ベルクソン哲学の、いや20世紀哲学のおきなうねりとなった思想の系譜、アンチ実証科学、生の哲学、関係主義、多元主義などなどその神髄をここから読み取る。この5年来のおぼろげなわたしの課題ー西洋の西洋自身によるアンチ西洋-が徐々に輪郭を鮮明にしてくるような刺激。

    ところで本編最終の一文は、十代のわたしを震撼させた『午後の曳航』の結句に酷似する。わたしはこれにどう整理をつけたらいいのだろう。

  • 笑いも分析すると面白いなーという印象。
    あ、注意すべきなのはこの本よんだからって面白い人になれるわけじゃないってことね。

全3件中 1 - 3件を表示

笑い (ワイド版 岩波文庫)のその他の作品

笑い (岩波文庫) Kindle版 笑い (岩波文庫) アンリ・ベルクソン
笑い (岩波文庫 青 645-3) 文庫 笑い (岩波文庫 青 645-3) アンリ・ベルクソン

アンリ・ベルクソンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
藤原 新也
エーリッヒ・フロ...
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする