茶の本 (ワイド版 岩波文庫)

  • 岩波書店
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000070348

作品紹介・あらすじ

外国にあった著者が、故国恋しさの思いを茶事の物語によせ、それを英文に写してニューヨークの一書店から出版したものである。茶の会に関する種々の閑談や感想を通して人道を語り老荘と禅那とを説き芸術の鑑賞にまで及んでおり、日本の精神的所産の最も美しい面を見事に捉え得た名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不完全なもの、虚を崇拝し
    その渦中で、完全なもの、実を成就させようとする
    やさしい企て。

    それが茶道。
    いや、それこそが人の生きる道なのかもしれない。


    難解な印象で、手にとるのが遅くなったが、
    私にとって、今が読みごろだったようだ。

  • 岡倉天心による、茶道の歴史から、日本の文化に至るまでのエッセイ。薄いけれども、とても読み応えがありました。

全2件中 1 - 2件を表示

岡倉覚三の作品

ツイートする
×