中世騎士物語 (ワイド版 岩波文庫)

制作 : 野上 弥生子 
  • 岩波書店
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000070584

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たぶん1/4くらいでギブアップ。

    どう考えたものか。
    このお花畑メンタルというか、ままごと要素しか見当たらない、ある意味完璧とも言える幼稚さは。
    おそらくは西洋版中二病のようなものだろうが、ただの中二病がここまで生き残るはずがない。

    とすると、敵にマスク姿を変態呼ばわりされるシーンや、同じマスクをクローゼットに沢山所有しているシーンなどで表現される米国のマスクヒーロー的な、メタギャグと表裏一体となっている読み物ということなのだろうか。
    エクスカリバーみたいに、100%笑い要素の概念を作ったやつが優勝のような退廃的なやつなのか??

    あるいは、生き残ったのではなく、中二病の隆盛に伴うリバイバルの可能性も考えられる。

    たぶんトマスマロリーでも読んだらわかるのだろう。
    サロメ祭り(リバイバル)の妄想中二病患者たち(つまりキモヲタ)を堂々と馬鹿にするビアズリーさんを出版社が放任していたのは、出版社側にもその意図があったということなのかもしれないしな。中二病に改ざんされた史実の痕跡を未来の自分たちに届ける目的で。

    などとしょうもない憶測をするよりほかにない本だった。

  • ブルフィンチの三部作のうちのひとつで、西洋文学なんかを読むのに最低限必要な基礎知識(引用元)がまとめられている本です。確かに、アーサー王の名前は知ってても、ちゃんと読んだのはこれが初めてでした。リア王とか、あーこれが大元なのかなぁって思いながら。思ったより読みやすくて(ワイド版だけにw)、且つ勉強になりましたー。

全2件中 1 - 2件を表示

トマス・ブルフィンチの作品

ツイートする