寺田寅彦随筆集〈第3巻〉 (ワイド版 岩波文庫)

著者 :
制作 : 小宮豊隆 
  • 岩波書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000071000

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 天災は、忘れた頃にやってくるは、寺田寅彦の言葉といわれますが、なぜか、そのことを書いた文章はないそうです。弟子だった、中谷宇吉郎博士が、寅彦の言葉として、新聞紙上で紹介したのが始まりだとか。寺田寅彦博士は、夏目漱石の弟子というより、同輩と見たほうが、自然というお話もあるようです。
    名作、三四郎の中にでてくる、研究者のモデルとも言われております。理科系の方ですが、味わいのある随筆であります。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1878年、東京生まれ。物理学者、随筆家、俳人。文学にも造詣が深く、多くの随筆を残した。おもな著作に『寺田寅彦全集 科学篇』『寺田寅彦全集 文学篇』ほか。1935年没。

「2017年 『こぽこぽ、珈琲 おいしい文藝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寺田寅彦の作品

寺田寅彦随筆集〈第3巻〉 (ワイド版 岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする