ツァラトゥストラはこう言った〈上〉 (ワイド版 岩波文庫)

著者 :
制作 : Friedrich Nietzsche  氷上 英廣 
  • 岩波書店
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000071628

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 言葉の意味するところは深い。
    真意を見極めることが重要であろう。
    研究に値する。

  • ポイントはたくさんあるが、永遠回帰思想がこの書の根幹だ。
    今生きている人生が終わると、寸分違わぬ同じ人生が始まる。その人生が終わると、またまったく同じ人生が…。
    本当にそんなことがあるわけないのはわかっている。ただ、今の人生で悔いを残さないように生きるには、この思想はとっても有用である。
    ちなみに訳者の氷上英廣氏は、麻布高校の故氷上先生の御尊父である。

  • (下)へ続く。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(Friedrich Wilhelm Nietzsche)
1844年10月15日 - 1900年8月25日
ドイツの哲学者、古典文献学者。近代がはらむ問題を一新に受け止め、古代以来の哲学との対決に挑み、実存主義の先駆者、生の哲学の哲学者として知られる。その思想は20世紀に続く様々な思想に衝撃と影響を与えた。
代表作に『悲劇の誕生』『道徳の系譜』『ツァラトゥストラはこう言った』『善悪の彼岸』など。

ツァラトゥストラはこう言った〈上〉 (ワイド版 岩波文庫)のその他の作品

ニーチェの作品

ツァラトゥストラはこう言った〈上〉 (ワイド版 岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする