漱石文明論集 (ワイド版岩波文庫 (254))

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000072540

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 開国、そして異文化の流入によって花ひらいた転換期・明治。現在の素地となる様々な出来事や潮流が生まれた明治文化の多様性をご紹介します。

    <閲覧係より>
    西洋文明に圧倒されつつも独自の美意識と立場を貫いた漱石。本書は講演などで語られたその肉声の文明論を集めたもの。なかでも「私の個人主義」は、“自分の道をしっかり追求せよ”というフランクかつ力強いメッセージに満ちています。
    -------------------------------------
    所在番号:918.68||ナツ
    資料番号:10205434
    -------------------------------------

  • ここしばらくの中で

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

「2017年 『坊っちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏目漱石の作品

漱石文明論集 (ワイド版岩波文庫 (254))を本棚に登録しているひと

ツイートする