新訂 蹇蹇録―日清戦争外交秘録 (ワイド版岩波文庫)

著者 : 陸奥宗光
制作 : 中塚 明 
  • 岩波書店 (2005年5月17日発売)
3.73
  • (6)
  • (0)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 24人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000072557

新訂 蹇蹇録―日清戦争外交秘録 (ワイド版岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 明治期の超がつくほどの名著。

    これはすごい。

    陸奥のリアリズムと現実的で地に足の着いたものの見方、論理思考に感服しました。

  • 養老孟司氏推薦(ドキュメンタリーとしては最高。見事な文章で、長いけれども飽きさせない)

  • 著者は外務大臣の陸奥宗光。
    後世、外交官がその技術を学ぶ際に、先人がどういう思考から決断を下してきたか、判断基準を築くという目的で、著者が外務大臣として関わった日清戦争の顛末について書かれた著作。
    一番の妙味は三国干渉に対する処置の行程にあり、その冷静な優先順位、妥協点の設定は、外交官でなくとも、企画調整に関する仕事に携わっている人であれば、非常に参考になるだろう。

  • 東学党の乱介入から日清戦争後の三国干渉まで。日清戦争時に外相だった陸奥宗光による記録。陸奥宗光さんて、比較的率直で、生真面目で底意地が悪そうな面白い人だと思った。しかしやっぱり日本が朝鮮にしつこくちょっかいを出していたようにしか読めない。

全4件中 1 - 4件を表示

新訂 蹇蹇録―日清戦争外交秘録 (ワイド版岩波文庫)のその他の作品

陸奥宗光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする