夢十夜 他二篇 (ワイド版岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.84
  • (21)
  • (19)
  • (26)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 237
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000072809

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 漱石の中では、これがマイベスト。

    心がささくれだったときに読むと、不思議と落ち着く。みた夢を書いただけの短編集。

    直裁なメッセージとか、そんな無粋なものはない。でも、夢のリアリティに酔う、そんな作品。

    Kindle版は無料だよ。

  • ロマンチック
    全ての人〜

  • ふと、それぞれのエピソードが頭に浮かぶけど、どこで読んだのか思い出せない話が詰まってる。読み直した時に「あぁ、夢十夜で読んだのか」となる。

  • 夢ってときどきびっくりしますよね。自分の脳を疑うというか…わたし大丈夫?みたいな不条理モノだったりとかして。「教科書に載ってるような人の本なんて」…という何となく生意気な子どもだったので、夏目先生の面白さに気づくのは遅かったんですが、これを読んで大好きになりました。ワイド文庫のサイズ感もかわいい。

  • 1夜と5夜がお気に入り。日本語が美しい。

  • 第一話が1番好きだ。美しい女性の描写と、男の、夢の中だからだろうかと幼子のような反応がたまらなくなる。
    人がのめり込むように幻想耽美な作品を一夜目に持ってきたのだろうか。にくい。にくすぎる。好き。

  • 読みやすい。十夜の夢という構成が粋で、有り得ない話でも夢の話だと妥協できるので尚更読みやすかった。印象強かったのは第一夜と第三夜だったと思う。摩訶不思議で少し怖い要素もあるけれど、夏目漱石の文章はきれいな表現が多くて読み入ってしまう。短編集もいいなと思った。

  • 文章が美しい。
    絶品。

    2014.9.27読了

  • 漱石先生久しぶりに読んだけど、自分が読んだ作家の中では最も美しい言葉を手繰る人の1人。1時間も要らずに読めるし、今後も繰り返し読んでいきたい。

  • 漱石のショートショートの短編集。正直、全く何が言いたいのかわからなかった。ここまでよくわからず、心にぽっかり穴が空いて、打ちのめされてしまった小説は初めてである。

    再読必死である。
    さらに言うと、もう数年、数十年生きなければわからないのではないか、という気もする。阿刀田高が著書「短編小説のレシピ」で "完璧です。完全な宝石です。" と書いているが、うむ、そこまでの境地には一度読んだ位では達せられないようである。宝石というのならば、中勘助の「銀の匙」の方が適任であろう。

    夢十夜は、十の夢の短編集である。冒頭、「こんな夢を見た。」の物語への引き込み力は凄かったが、前述の通りで、感想などえ言えぬのが恨めしい。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

「2017年 『坊っちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夢十夜 他二篇 (ワイド版岩波文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夢十夜 他二篇 (ワイド版岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする