羅生門・鼻・芋粥・偸盗 (ワイド版岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.63
  • (5)
  • (2)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000073578

作品紹介・あらすじ

王朝末期の荒廃した都を舞台に展開する凄惨な人間絵巻「羅生門」、師漱石も賞賛した、長い鼻を持つ禅智内供の内心の葛藤「鼻」、芋粥に異常な執着を持つ男「芋粥」、女をめぐる盗賊の兄弟の確執「偸盗」。いずれも『今昔物語』『宇治拾遺物語』などに素材を得たもので、芥川王朝物の第一冊として編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「鼻」に関しては作者とは違うものを思いました。主人公が笑われたのは「幸せ」だからではなく自分らしくないから。自分を自分として受け入れてないから笑いの対象となったのだろう、と解釈してます。ダイエットや整形にいそしむ姿がどう見られるかという感じですね。たとえ他人に笑われても自分らしくありたいです。

全1件中 1 - 1件を表示

芥川竜之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする