アインシュタイン 相対性理論 (ワイド版岩波文庫)

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 内山 龍雄 
  • 岩波書店 (2015年8月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000073899

アインシュタイン 相対性理論 (ワイド版岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アインシュタインの最初の論文である『動いている物体の電気力学』の対訳と解説。対訳と表現したのは、本文を引用した解説ではなく、小説の翻訳のように論文そのものを翻訳しているからである。収録されている論文は相対性理論そのものの論文ではないが、その基礎となる考え方を示したものであり、また、相対性理論でお馴染みの”ずれる時計”も登場する。つまり相対性理論の論文の一片と言える内容であるので、このタイトルはハズレではない。紛らわしいが。

     これまでの考え方を一変させる理論だけあって論が進むに連れやや複雑になってくるが、それでも理解の範囲内である。なにより、それほど長くなく、平易な言い回しのこの論文が物理学の常識を一変させたことに驚く。読んで感じたのはシンプルであるということ。その後の複雑化した物理学に対してアインシュタインが拒否反応を示したことが分かるような気がする。

     エーテル説をひとまずの前提としていたり、ローレンツ力がまだ証明されていない時期にローレンツ力を使おうとしていることによって生じる回りくどさによる読みづらさ(わかりづらさ)があるが、言葉や使っている数式は非常に簡単なものであるので、じっくりと取り組めば理解できると思う。特に「I.運動学の部」については内容をそのまま追った(解説者の考えに基づく解説ではない!)解説があるので理解の助けになるだろう。なお、「II.電気力学の部」は電磁気学の知識を前提とするため概要のみとなっているが、I部の応用なので、I部が理解できればさほど難しくはないとのこと。

全1件中 1 - 1件を表示

アインシュタインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アインシュタイン 相対性理論 (ワイド版岩波文庫)はこんな本です

アインシュタイン 相対性理論 (ワイド版岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする