ウイルスと人間 ([新装版] 岩波科学ライブラリー (104))

著者 : 山内一也
  • 岩波書店 (2005年5月13日発売)
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000074445

作品紹介

人間の生活パターンの変化に伴い、SARS、鳥インフルエンザなど新種のウイルスが脅威になってきている。ウイルスとはどのようなものか、進化の過程で、人とウイルスはどのように関わり、戦ってきたのか。ニパウイルス、サル痘など今感染のおそれがあるエマージングウイルスの脅威と、それにいかに対処し共存していくのか、第一人者が語る。

ウイルスと人間 ([新装版] 岩波科学ライブラリー (104))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勉強になりました。

  • ウイルスに関する書籍でなかなかいいものに巡り合えなかったが、初めてお勧めできる書籍である。ただ、ズバリ言って、ある程度の知識レベルでないと理解できません(まあ、アホな人はこんな本は読まないか)。でもいい本です。さすがは岩波さん。

全2件中 1 - 2件を表示

山内一也の作品

ウイルスと人間 ([新装版] 岩波科学ライブラリー (104))はこんな本です

ツイートする