日曜ピアジェ 赤ちゃん学のすすめ (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (5)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 47
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (109ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000074599

作品紹介・あらすじ

日曜日。それは、愛しのわが子と思う存分ふれあえる、貴重な、貴重な一日。その至福のひと時を、赤ちゃん学の楽しい実験をして過ごしませんか?手順は全部、イラストで図解。だれでも安全、簡単にできます。たくさんの驚き、発見、感動に出会える本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 勉強になりました。

  • いろいろ実験したいなと買ってみたものの、子供はもう赤ちゃんと呼べない年齢になってしまった。
    本書とは関係ないけど、シーモーア・パパードの師匠がピアジェだったのね。プログラミング言語LOGOはその成果だったとか。

  • タイトルのセンスもいいなぁと思いましたが、書き方のやさしさとその一方で証明する(かもしれない)赤ちゃんの能力に改めて驚きました。1ヶ月のKen、舌だし(『新生児模倣』)したよな、そう見えます。。。

  • 赤ちゃん学の本を紹介してました。赤ちゃんから心理学、筆者のでたテレビ番組などなど話が広がって楽しかったです。

  • 本に書かれた実験をやろうと思って結局やらなかった(^^;)本の構成は面白いかも

  • 決して悪い本というわけではないけれど
    期待していただけに残念。

    ピアジェ理論をもとに、お父さん向けに書かれており、
    日曜日だけピアジェになって赤ちゃんと実験(遊び)しよう。
    という趣旨。


    しかし実験の内容は少ないし、
    あまりに簡単に書かれすぎているために読み物としてもの足りない。
    赤ちゃんの心の発達に重点を置いて研究しているようだけれど
    この本よりは、島泰三の『孫の力』のほうが幅広い年齢を網羅していて、
    鋭い観察が書かれており、読み物としてもおもしろい。人間の心が花開く様子をつぶさに語っている。

  • ピアジェ風に赤ちゃんの認知について自宅で簡単なテストをしてみよう、という内容。生後2−3ヶ月の赤ちゃんが、これまで考えられてきた以上に外界を認知しているということが知られるようになってきているが、ほとんど反応がない赤ちゃん向けに若干の工夫も加えた実験(?)手順が示されている。とはいえ、「あやし方」に毛が生えた程度の内容で、解説も不足ぎみ

  • 発達心理学に頻出するピアジェのことを知りたくて本書を手に取ったのだが、ちょっと違った。ピアジェをリスペクトするあまりこの題名になったのだろうが、結果としてキャッチ過ぎる。24ヶ月までの赤ちゃんに対する7つの認知心理学的実験、しかも家庭でできる、むしろ家庭から幅広いデータを収集したい、というテーマがわかりやすいようにすれば良いと思う。

    学問的には一定条件で一定のリアクションを抽き出す実験が必要だが、家庭で子供の認知発達を知るには柔軟に、表情を読み取りながらやるのがよさそう。実験の数も増やしつつ、そんなこともアドバイスすれば育児書としてのレベルも上がるのではないか。末尾にある「流行りの脳研究本批判」の部分もちゃんと論証してほしいと思うし、薄い本に仕上がっているのは総じて残念。

    以前、東大の研究室から実験参加のDMを頂戴し、よくわからないので応募しなかったことがあるが、開先生だったどうかはともかく、こんなことだったのか、とその点は理解できた。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

開 一夫
開 一夫:東京大学大学院総合文化研究科教授

開一夫の作品

ツイートする