後悔しない意思決定 (岩波科学ライブラリー)

著者 :
  • 岩波書店
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000074698

作品紹介・あらすじ

後悔先に立たず、とはよく言ったもの。思えば人生、「あのとき、こうしていれば…」と悔やむことが少なくない。では、どうすればより良く、悔いなく生きることができるのか。本書では、心理学、統計学、確率論の知識をもとに、その秘訣をさぐる。人生を不断の「決定のプロセス」と見て、岐路に立つ人へ、決断の要諦を説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 200円購入2013-03-15

  • 主観的期待効用モデルを基本としている。
    よりよい確率評価の方法を言及。
    (ベイズの定理推奨)
    そして現実に合わせた柔軟性が重要と。
    (ヒューリスティック、プロスペクト)
    まとめに、タイトル通り、
    後悔しないためのアドバイスがある。

    短いので読みやすい。
    私は元々後悔しない性格なので、
    アドバイスが直接役には立たないが、
    私が何故後悔しないのかが、
    客観的に評価、整理できたのがよかった。

  • 合理的ではなく、感情的に決定をして後悔することが多い。

    自己実現とは才能・能力・可能性の使用と開発

    1願望や恐れ、不安を客観的に見ることができる
    2決定することを恐れず、決断力がある
    3状況の変化に柔軟に対応できる
    4自分に正直

    後悔は後から来る感情。当面苦労しても自己実現に近づく選択

    決める、は「明らかにすること、あきらめること」
    なかなか意思決定できない人はあきらめることができない人

    後悔をよくする人は、起こったかもしれないことをよく考える人
    後悔しない人は、自分で選ばなかった選択を消してなかったことにする人

    ・大事な決定は能動的に決定する
    ・確固とした目標をもつ
    ・己を知る
    ・客観的に将来を見通す
    ・過去を振り返らない

  • 後悔先に立たず、とはよく言ったものです。思えば人生,「あのとき,こうしていれば…」と悔やむことが少なくないです。では,どうすればより良く,悔いなく生きることができるのか。人生を不断の「決定のプロセス」と見て,岐路に立つ人へ決断の要諦を示す.

  • 信長とハンニバルの戦略
    特に桶狭間での戦いにおける 家臣と信長の戦略の違いと意思決定の合理性
    を旨くまとめて書いている、
    またアルゴリズムとヒューリスティックの違いが明確でないところが残念です

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

帝京大学文学部教授

「2014年 『新しい時代の大学入試』 で使われていた紹介文から引用しています。」

繁桝算男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野矢 茂樹
イアン・エアーズ
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする