科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー)

著者 : 石黒武彦
  • 岩波書店 (2007年5月9日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000074711

作品紹介

ヒトクローン胚からのES細胞ねつ造事件が韓国社会をゆるがした。日本でも、国立大学や一流研究所における論文ねつ造・データ改ざんの疑惑、研究費の不正運用が、世間を騒がし科学システムを脅かす。社会からの要請を前に、科学は病的症状を現すかに見える。科学は今後、どのようにあるべきか。問題の根源から考察する。

科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 科学システムのサイドでは研究開発活動の推進に加え、必要とする資源を社会から引き出すことが課題になっている。研究開発には、必要とされる資源を得なくてはならないが、祖の遼はすでに社会が供給できるものの限界に迫りつつある。
    科学システムにおける専門化による分化は科学の清張とともに進展してきた、新しい知識は専門のレベルで懸賞され、妥当だと認知されたものが、公共の場に持ち出され蓄積される。
    今後の社会や経済の発展のためにも科学技術をベースとするイノベーションは欠かせないと考えられている。

全1件中 1 - 1件を表示

科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー)のその他の作品

石黒武彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

科学の社会化シンドローム (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする