伝説の算数教科書“緑表紙”―塩野直道の考えたこと (岩波科学ライブラリー)

著者 : 松宮哲夫
  • 岩波書店 (2007年9月5日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 12人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (118ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000074759

伝説の算数教科書“緑表紙”―塩野直道の考えたこと (岩波科学ライブラリー)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同時に読んでいるのがこれを真っ向から否定している本だから、素直にいいとはとても思えない。

  • 緑教科書ってオールカラーだったらしいよ。
    教員になるなら緑教科書について読んでおくといいと思った。

  • 此れは素晴らしい
     塩野直道らがこれまでの黒表紙と呼ばれていた教科書に数理思想を盛り込みたくみな挿絵とアプローチの仕方で小学生に数の概念 確率論、微分積分や空間概念の考え方をいれた
    理想の算数の教科書
    戦時のたった6年間しか使われなかった幻の教科書 その後GHQは日本の教育に数理思想を教える事をやめさせた。
    占領というのはそういうことなのだ。
    日本の文化大革命と怒りを覚える、
    それが今の日本の学力低下を施したのだなと思う

全3件中 1 - 3件を表示

松宮哲夫の作品

伝説の算数教科書“緑表紙”―塩野直道の考えたこと (岩波科学ライブラリー)はこんな本です

伝説の算数教科書“緑表紙”―塩野直道の考えたこと (岩波科学ライブラリー)を本棚に登録しているひと

ツイートする