弾性体と流体 (物理入門コース 8)

  • 30人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 恒藤敏彦
  • 岩波書店 (1983年9月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000076487

弾性体と流体 (物理入門コース 8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2010 後期「地球連続体力学」(宮崎真一) 参考書.

  • 工学の本で、とっつきにくいのは、息をつく暇がないことが原因のような気がします。
    松下電器のプログラミング学習のシリーズがよいのは、吹き出しでヒントや、息抜き、掛け声があるところです。 本シリーズでは、CoffeeBreakがよいと思います。

    P210のような写真は嬉しいです。
    流体といっても、現象がピンと来ないことがあります。写真でリアルな雰囲気がわかると納得感があります。

    式も番号がふってあって、そんなに論理的に飛躍することがありませんでした。
    よし。弾性体と流体はクリア。

全2件中 1 - 2件を表示

恒藤敏彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝永 振一郎
砂川 重信
有効な右矢印 無効な右矢印

弾性体と流体 (物理入門コース 8)はこんな本です

ツイートする