平野と海岸を読む (自然景観の読み方 5)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (147ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000078252

作品紹介・あらすじ

荒波の寄せる岬や白砂青松の浜、街の広がる低地や丘陵といった身近な風景も、それぞれのドラマを持っている。ちょっとしたポイントを抑えて眺めれば、その風景がたどった数奇の運命が見えてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [鹿大図書館・冊子体所蔵はコチラ]
    https://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN07256584

  • 『頭に入っている類型に似たものがあると、「あれだな!」と、容易に現象の理解がはかどります。(中略)こういう理解の仕方にとって大切なのは、術語で表されるような、類型化されているものの、本質を知っていることと、何かを見たときに一つの類型、あるいは類型の組み合わせが頭に浮かぶこと、つまり類型の応用がきくようになることでしょう。』(本文より)地形の成り立ちについて、まさに類型の本質をわかりやすく、じっくりと学べる良い本でした。そして、著者の貝塚先生、とても絵がお上手です!(^o^)

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

貝塚 爽平(かいづか そうへい)
1926年-1998年。東京大学理学部地理学科卒業、同大学院特別研究生前期修了。東京都立大学教授を経て、東京都立大学名誉教授。専門は地形学。理学博士。
著書に、『日本の地形 特質と由来』『空から見る日本の地形』『富士山はなぜそこにあるのか』『平野と海岸を読む』『発達史地形学』、『新編日本の活断層』(共編)、『世界の地形』(編)などがある。

「2014年 『富士山の自然史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貝塚爽平の作品

ツイートする
×