キーポイント行列と変換群 (理工系数学のキーポイント (8))

著者 : 梁成吉
  • 岩波書店 (1996年11月25日発売)
3.44
  • (1)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 49人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000078689

キーポイント行列と変換群 (理工系数学のキーポイント (8))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • リー群とリー代数の入門書.具体例だけで話が進むので線形代数の知識だけで読める.

  • 地味なタイトルの本だが、表現論やリー代数の入門書としてとても良い本だと思う。2次、3次の行列の具体例が多く、手を動かしながら読むと力がつく本だと思います。著者は素粒子論を専門とする物理学者なので、パウリ行列など物理的な色が出ていて良いです。

  • 回転群に関する入門書として素晴らしい.

  • さらっと、よめちゃいました。初回読了:2012年2月25日
    すごいわかりやすい本ですが、ところどころに入っている証明はすっきりしています。

    Amazon.comのレヴューがアップされたので、貼り付けます。

    『やっぱり最初の一冊はこれで決まり!』

     佐藤肇先生のリー代数入門―線形代数の続編としてに引き続いて読み始めましたが、他の評者のコメント通り、寝っ転がっても読めてしまいます。

     「リー代数入門」ではノートを取りながら、何度も前の定義を確認したりしながら途中で挫折しそうになりましたが、そのわかりやすさは歴然とした違いがあります。
    「リー代数入門」の方は、授業で適宜先生が補足説明される前提での「教科書」に向いた本でしょう。

     梁成吉先生の本書はあとがきに「本書は群論についての正統的な教科書ではない。大学初年級の線形代数と微積分の知識をもつ人々を念頭に置いて書かれた群論入門のための道案内の書である。」と記されているように、本格的な群論の本に進む前に具体的なイメージがもてるように書かれた本でその目的は十分果たされてると思います。すなわち授業の「副読本」もしくは「参考書」として抜群です。

     現在出ている行列と群からリー群の表現論への水先案内の書として一押しです。

     群と表現 (吉川)、群と表現 (江沢&島)、群と位相 (基礎数学選書5, 横田)、群と表現 (基礎数学選書10, 横田)、連続群論入門 (新数学シリーズ, 山内&杉浦)などいろいろ更に勉強をされる前に、本書を一読されることをお勧めします。

全4件中 1 - 4件を表示

梁成吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

キーポイント行列と変換群 (理工系数学のキーポイント (8))はこんな本です

ツイートする