物質の電磁気学 (岩波基礎物理シリーズ (4))

著者 : 中山正敏
  • 岩波書店 (1996年7月9日発売)
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000079242

物質の電磁気学 (岩波基礎物理シリーズ (4))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 誘電体や磁性体について詳しく学ぶための本。磁石は身近な存在だけど、磁界の源やヒステリシスといった特性まで考えるとやっぱり難しい。

  • [ 内容 ]
    教育経験豊かな著者たちが理工系1~3年の大学生にマッチするように書き下ろした清新な教科書・参考書シリーズ。
    物理的意味を重視し、適切な演習問題を配したので、将来理工系のどの分野に進むにも十分な力が自然につく。
    微視的な物質構造から出発し、巨視的な電磁気現象の記述に力点をおいて、物質の電磁気学を丁寧に解説する。とくに、巨視的な電磁場と微視的な電磁場との関係を整理し、Hの意味を明快に示す。
    物性を学ぶための必読書。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

中山正敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ゴールドスタイン
砂川 重信
有効な右矢印 無効な右矢印

物質の電磁気学 (岩波基礎物理シリーズ (4))はこんな本です

ツイートする