力学のききどころ (物理講義のききどころ (1))

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000079419

著者プロフィール

1949年生まれ。東京大学理学部物理学科卒業、同大学大学院理学系研究科物理学専攻修了。理学博士。文部省奨励研究員、ケンブリッジ大学キャベンディッシュ研究所研究員、ボローニャ大学国立原子物理学研究所研究員を経て、東京大学大学院総合文化研究科専任講師を定年退職。現在、成蹊大学非常勤講師。著書に『量子力学が語る世界像』『プリンキピアを読む』『今度こそわかるファインマン経路積分』(いずれも講談社)、『単位がわかると物理がわかる』(共著、ベレ出版)、「物理講義のききどころ」シリーズ(岩波書店)、「ライブラリ物理学グラフィック講義」シリーズ(サイエンス社)など、訳書にR. A. サーウェイ『サーウェイ基礎物理学』(共訳、東京化学同人)、A. ウィテイカー『アインシュタインのパラドックス EPR問題とベルの定理』(岩波書店)などがある。

「2018年 『今度こそわかる重力理論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和田純夫の作品

力学のききどころ (物理講義のききどころ (1))を本棚に登録しているひと

ツイートする