振動・波動のききどころ (物理講義のききどころ 5)

著者 : 和田純夫
  • 岩波書店 (1995年8月25日発売)
3.50
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 16人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000079457

作品紹介

「見開き2ページで1項目の説明」が基本。大切なことだけをズバリわかりやすく説明する。「ききどころ」、「ぽいんと」、「キーワード」など、学習の動機、目的、到達点などをはっきり明示する。重要な概念や法則どうしの関連をしめす「チャート」など、物理全体の流れをつねに意識して解説する。

振動・波動のききどころ (物理講義のききどころ 5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 標題のわかりやすさに比べて,
    内容の難解なこと。

    この落差はなんだろう。
    瀧修行のようなものだろうか。

    バネの運動から始めているのは分かりやすい。
    しかし、バネの運動が、固定している点での作用と反作用について触れるのでもなく、すぐに単振動の説明になり、すぐにエネルギーの説明になる。なんのおかまいもなく、読者はおいてきぼりになる。

    学校の教科書としては、先生が補えばよいのでよい教科書として使えると思う。

    力学と電磁気学を取り持つ、波動という見方を教えるのに、何が専門の先生が利用してもよい。

    波動について,なんとなくは理解しているつもりでした。
    ほっておかないで、説明しろと言われたら、本書を片手に説明するとよいと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

和田純夫の作品

振動・波動のききどころ (物理講義のききどころ 5)はこんな本です

ツイートする