芭蕉自筆奥の細道

著者 :
  • 岩波書店
4.33
  • (4)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000080675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芭蕉が自分の筆で書いたおくのほそ道の原文書がみつかりそれをそのまま本にしたもの。多くの箇所に張り紙があり推敲を重ねて磨き上げてきたことがわかる。
    くずし字辞典などを手元に置きながら解読を進めてゆくのもひとつの楽しみ。芭蕉の字のクセのようなものも素人なが若干は分かってくる。現代フォントの印刷文字で読むのと異なる不思議な新しい天才芭蕉のこの文書に対するエネルギーのようなものを感じ取れる。何度か読むと大体は読み取れるようになりそう。
    おくのほそ道は、折に触れて読み込んでゆくべき日本の最高の名著の一つだろう。

  • たまに開きます。変体仮名はなかなか読めるようになりません。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1644~1694年。江戸時代前期の俳人。

「2019年 『覚えておきたい芭蕉の名句200』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松尾芭蕉の作品

ツイートする