ドアノー写真集 パリ遊歩―1932-1982

制作 : ロベール・ドアノー  中原 道郎 
  • 岩波書店 (1998年1月27日発売)
3.31
  • (3)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 23人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (665ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000081924

ドアノー写真集 パリ遊歩―1932-1982の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【閲覧係より】
    ■パリの風景・古本屋さん
    古本屋はタイムマシン!?
    その発祥は17世紀ともいわれているパリの古本屋。
    そこに並ぶ古書さながら、一歩足を踏み入れるとタイムスリップしたような錯覚に陥るかも・・・。

    戦中から戦後へと、まさに遊歩するが如く好奇心と愛情をもってパリを写したドアノーの代表作
    --------------------------------------
    所在番号:748.35||トロ
    資料番号:10113410
    --------------------------------------

  • ブリジット・オリエ解説「パリの周りを、忍び足で」より
    「彼には何が綺麗になるかを捕らえる予感(中略)を持っている.何が綺麗かではないので,この差が重要だ.」(p.16)

    全ての写真は、パリの市井の人々を被写体にしている。日常風景の一コマばかりで何の衒いもないのだが、あまりにも画面に「しっくり」と納まっているのである。
    失礼な例えに聞こえるかもしれないが、マンガの一コマのように、連続した状況において登場人物が最もぴったりくるポーズをとった一瞬をとらえているのである。

    最高の表情や絶景を追わない、息づかいをとらえるような写真もあることに気づかせてもらった。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ドアノー写真集 パリ遊歩―1932-1982はこんな本です

ツイートする