或阿呆の一生 (岩波文芸書初版本復刻シリーズ)

著者 : 芥川龍之介
  • 岩波書店 (2001年12月6日発売)
3.25
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
  • 35人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000091466

或阿呆の一生 (岩波文芸書初版本復刻シリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小説の前書きって、筆者のエゴが偽善に優しく包まれている気がして大好きです。この作品に限って言えば、その姿勢が最後まで一貫していてとても気持ちが良かったなあ。捻くれていると言うよりは単純に根性が曲がっているという安心感。

    特に好きなのは6.病7.結婚16.枕31.大地震33.英雄かな。23~30も勿論大変興奮するけどさ、女ですから。全体を通してポエティックなのに刺すようにぶすりと鈍く、気がつけばずぶずぶと抉られていく感覚に心からうっとり。

    「彼の作品の訴へるものは彼に近い生涯を送った彼に近い人々の外にある筈は無い」って言い出したのには盛大に笑わせていただいた。なんて汎用性の高い素敵な言い訳言い逃れ。もうこれだから芥川さんだいすきよ。

  • よくわかりませんでした…。

  • 芥川の小説の中では、一番好き。

全4件中 1 - 4件を表示

芥川龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
村上 春樹
ドストエフスキー
島崎 藤村
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

或阿呆の一生 (岩波文芸書初版本復刻シリーズ)に関連する談話室の質問

或阿呆の一生 (岩波文芸書初版本復刻シリーズ)はこんな本です

ツイートする