企業と人間―労働組合、そしてアフリカへ (岩波ブックレット)

  • 岩波書店 (2000年10月20日発売)
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000092210

企業と人間―労働組合、そしてアフリカへ (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「沈まぬ太陽」を読み終え、友達のまりちゃんより貸されて読みました。
    主人公の恩地元のモデルとなった本人の生の言葉と対談者の考えなどを読んでいくと、熱く興奮していた頭が冷静になりました。
    興味深く読ませていただきました。

  •  タイトルのイメージとは違い、この本は佐高さんと小倉さんが実際に会話をしているように書かれていて、小倉さんが仕事でアフリカに行って帰った時に感じたことを話している。小倉さんの仕事は労働組合の執行委員の仕事で、この労働組合とは何のための労働組合か書かれている。今、様々な食品問題のある中で、この労働組合がしっかりしてもらわないといけないものであります。今の経営者はみんな無責任で無能だと著者はいいます。確かにお客様のことを考えるなどとよく言うが、それは表の顔にすぎないと思います。そのだめな経営者に任せておけない時代なので組合が支えるしかないのです。なので著者は何のための労働組合かと言っているのです。

全2件中 1 - 2件を表示

佐高信の作品

企業と人間―労働組合、そしてアフリカへ (岩波ブックレット)はこんな本です

企業と人間―労働組合、そしてアフリカへ (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

ツイートする