丸山眞男とその時代 (岩波ブックレット)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000092227

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 丸山眞男を題材にした講演録。しかし、60数頁しかなく(まぁ、岩波ブックレットだから当然だが)、簡潔すぎる。触りのみ。

  • 丸山にとって最も予想外であったのは、第九条の戦争放棄ではなくて、第一条の人民主権であった。
    丸山にとって、この第一条はまさに国体の解体以外の何ものでもない。
    丸山は国際政治学を本格的に勉強する。
    イデオロギーの対立と現実の軍事国家権力のそれとを区別し、双方の陣営に多元的な利害関心があること、特にアジアについて中国の独自性への期待と植民地解放それに伴うインドなどの動きの意義を強調されている。
    1960年、池田首相によってはじまった経済の高度成長政策によって、日本は経済大国への未知を走り出し、工業力によって豊かさを生むことに成功した。えらい知識人たちの中からもこの経済成長を与件しなかった社会学者には、もう発言する資格がないと言いだす人が現れたほどです。丸山は直接高度成長については特に何も言われなかったけれども、かつて第一次大戦によるブームを見てこられた先生が光の反映の影を見おとされるはずもない。

全2件中 1 - 2件を表示

福田歓一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

丸山眞男とその時代 (岩波ブックレット)はこんな本です

丸山眞男とその時代 (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

ツイートする