<荒れ野の40年>以後 (岩波ブックレット (No.652))

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000093521

作品紹介・あらすじ

1985年の"荒れ野の40年"演説で有名な元ドイツ大統領リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカー。本書は、それ以後のヴァイツゼッカーの代表的演説をとりあげ、その政治思想から引き出される幾つかの教訓について学ぶものである。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 全体的に読み違えているとしか思えない。
    読み方のみならず書き方さえも言葉使いがおかしい。

    たとえば「(過去を心に刻むとは)ナチ支配の時代にユダヤ人はじめ多くの諸民族にたいして加えられた非人間的な残虐行為の数々の出来事を生き生きと記憶によみがえらせることにほかならない。」とか。
    ほかなるよ!
    文の違和感は「生き生き」と「生々しい」を混同していたんだとしても、解釈もおかしいよ。

    アクロバッティックなこじつけほど目新しいわけでもなく、ただひたすらズレているから、すわりが悪くてきもちわるい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1928年高知県生まれ。東京大学法学部卒業。東北大学名誉教授。長年、学生聖書研究会を主宰して伝道に献身し、自宅内に学寮を建てて信仰に基づく共同生活を指導してきた。著書『政治と宗教倫理』『ナチ・ドイツの精神構造』『十字架とハーケンクロイツ』『権威と服従』ほか多数。

「2020年 『教義学要綱【ハンディ版】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮田光雄の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×