なぜ加害を語るのか 中国帰還者連絡会の戦後史 (岩波ブックレット)

著者 : 熊谷伸一郎
  • 岩波書店 (2005年8月5日発売)
4.40
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 13人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000093590

なぜ加害を語るのか 中国帰還者連絡会の戦後史 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 戦争を学ぶきっかけとしては良い本になると思う。読みやすくまとめられている。

  • 20130609

  • 1976年生まれの筆者がこの本をまとめたことに感動を覚える。中帰連の活動には、中共に洗脳された戦犯たち、という非難がつきまとうが、その手法が人道的であったことを考えると非難の根拠は非常に貧弱である。内容がすべて真実かどうかは私にはわからないが少なくともこの問題については継続して関心を持っていこうと決めた。

  • 岩波ブックレットは短くて読みやすい。価格も低いため、手軽に入手できる。
    幅広いTOPICを勉強したい際などに有効。
    重要な社会問題・歴史問題なども扱っており、勉強になる。

    そんな岩波ブックレットを、まとめ買いした際にぶち当たったこの本。
    読んでいてつらくなるが、若い世代も知っておくべきことだと思った。

全5件中 1 - 5件を表示

熊谷伸一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

なぜ加害を語るのか 中国帰還者連絡会の戦後史 (岩波ブックレット)はこんな本です

なぜ加害を語るのか 中国帰還者連絡会の戦後史 (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

ツイートする