後藤田正晴語り遺したいこと (岩波ブックレット (No.667))

  • 岩波書店 (2005年12月6日発売)
3.78
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (63ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000093675

後藤田正晴語り遺したいこと (岩波ブックレット (No.667))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後藤田さんって、考え方には受け入れられないところもあるけど、たしかに気持ちのいい発言をするおじさんだったな。立憲主義に関するはっきりとした言及・見解を示しているところもピシッとしている。今年の5月に、「時々、憲法改正草案に対して、「立憲主義」を理解していないという意味不明の批判を頂きます。この言葉は、Wikipediaにも載っていますが、学生時代の憲法講義では聴いたことがありません。昔からある学説なのでしょうか」とツィートした、自民党憲法起草委事務局長の東大卒のおじさんに読んでもらいたい。

  • 橋本行革による内閣府の創設を批判している。一体誰がなにをやっているのか、外からはさっぱりわからない、と。
    官邸機能を強化するのであれば、スタッフ組織を簡素化せよ、とも。

  • 岩波ブックレットの中で個人の政治家が扱われているのは後藤田さんだけ。
    そのくらいにインパクトの強い方で、日本の行く末を心配されている。

全3件中 1 - 3件を表示

後藤田正晴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
後藤田 正晴
「私の後藤田正晴...
遠藤 周作
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

後藤田正晴語り遺したいこと (岩波ブックレット (No.667))はこんな本です

ツイートする