「日の丸・君が代」を強制してはならない―都教委通達違憲判決の意義 (岩波ブックレット)

著者 : 澤藤統一郎
  • 岩波書店 (2006年12月8日発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • 10人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (62ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000093910

「日の丸・君が代」を強制してはならない―都教委通達違憲判決の意義 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルは東大の太田さんのものだろう。地裁でこのようなすっきりとしたまっとうな判決が出たことは記憶に深くとどめておきたいが、2007年からの最高裁の判決は、この成果をすべて覆すものばかりだった。こういう判決ばかりが目立つので最高裁判所裁判官国民審査では、いつも全員×をつけてしまうのだが、各裁判官ごとに、どの判決にどうかかわったかがわかる詳しい資料がネットで公開されてほしい。まっとうな方もちらほらいらっしゃるのは確かなようだしね。澤藤さんには我々は今どこにいるのか、改めてこの問題をまとめてほしい。

全3件中 1 - 3件を表示

澤藤統一郎の作品

「日の丸・君が代」を強制してはならない―都教委通達違憲判決の意義 (岩波ブックレット)はこんな本です

「日の丸・君が代」を強制してはならない―都教委通達違憲判決の意義 (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする