いじめ問題とどう向き合うか (岩波ブックレット)

著者 : 尾木直樹
  • 岩波書店 (2007年3月6日発売)
3.50
  • (1)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :20
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000093958

いじめ問題とどう向き合うか (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いじめは犯罪だから、もっと法律で徹底して取り締まるべき。

  • 2007年のブックレット。教職関係の方は読んでね。。。

    岩波書店のPR
    「親や教師に告白できずに死に追い込まれる子どもたち──。なぜ、いじめは深刻化するのか。教育現場への競争主義の導入など、急速に変わる子どもや学校の現状を詳細に分析。今日のいじめの実態や学校がいじめを止められない要因などを解明し、「子ども主体の防止策」など、学校や家庭、社会に何ができるのかを具体的に提言する。」
    いじめ問題とどう向き合うか MEMO INFO
    http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0093950/top.html#01

  • 子ども中心によるいじめ問題への取り組みやいじめを予防的な視点から防ごうとする点は同調できたが、具体的な案としては理念ばかりで弱かった。

  • 現代のいじめの特徴、いじめの本質的問題などわかり易く書かれていた。

  • 3年前、尾木さんの講演で買ったもの。

    この本が書かれてから時間が経ったいまもう一度読み直してみるとなんだか不思議な気持ちになる。
    そして、発行が平成18年いじめの定義変更(発生件数→認知件数)が行われる前のものなので、定義変更後の分析が非常に気になる。

    現在においてのいじめの実態、尾木さんの考察、見解も続編として出して欲しい。

  • 学校のいじめ問題を解決するにはまずいじめ問題は何だ?いじめは何でするか?どういう学生がいじめられるのか?などを把握しないとこの問題は解決できないと思います。日本も経済が発展する一方でいろんな面でいろんな問題を抱えていることがわかりました。中国でも、いじめ問題が社会問題になっています。
    社会が発展するとともにこういう問題も重視し、解決していかないとこともたちに大きい傷になって健康に成長しないと思います。もうちょっと重視しよう!いじめ問題。

  • 「いじめ」をよく考えてみたい。

全8件中 1 - 8件を表示

尾木直樹の作品

いじめ問題とどう向き合うか (岩波ブックレット)はこんな本です

ツイートする