放課後の居場所を考える―学童保育と「放課後子どもプラン」 (岩波ブックレット)

  • 10人登録
  • 2.67評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 下浦忠治
  • 岩波書店 (2007年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (71ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000094016

放課後の居場所を考える―学童保育と「放課後子どもプラン」 (岩波ブックレット)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 分類=教育・子ども。子どもが生きられないということは、自然界の生物達もきちんと生きられないということ。ここが問題の核心であって、人間の大人が小賢しい理屈で自分達の都合のよいように物事を動かすのは本筋からそれている。

  • 学童保育と児童館などの機能を併せ持った、子どもたちの放課後の居場所を構築しようとしている「放課後子どもプラン」。本来の目的が違う2つのものを政治的な観点から一つにしようとすることの問題点を批判的に語っている。幼保一元化でも同じような議論がされると思われる、福祉と教育の関係の現実を知るにはいい小冊子。

全2件中 1 - 2件を表示

下浦忠治の作品

放課後の居場所を考える―学童保育と「放課後子どもプラン」 (岩波ブックレット)はこんな本です

放課後の居場所を考える―学童保育と「放課後子どもプラン」 (岩波ブックレット)を本棚に登録しているひと

ツイートする